組み換えはとても簡単です【タイヤは通販でも購入できる】

Carドクターに聞け

車を愛して長く使おう

ちゃんと車は点検して、安全に走行することが大事です。車はスピードを出して走行するものですから、周囲の安全のためにも日々の点検は欠かせません。そんな車の中で最も劣化が激しくなるのがタイヤです。

読めば組み換えも意外と簡単であることがわかる

お店を利用する流れ

来店して交換してもらう

カーピットでは通販で購入したタイヤも受け付けている場合があるので、自分で取り付けできないという人でも安心です。最近通販はメジャーになってきた組み換え方法なので、やり方を覚えておくと良いです。

READ MORE
乗り心地は変えられる

どんな走行をしたいか決める

そろそろタイヤも古くなってきたので、新しいのを購入したい、そう考えている人は走行に求めることを書き出してみましょう。その内容によっては、選ぶべき製品も変わってくる可能性があるのです。

READ MORE

意外と知らない車のこと【質問して解決】

夏と冬に使ったタイヤはいつまで使える?

スタッドレスタイヤは冬しか使いませんので、その間は保管しておくことになります。しかし、交換の回数がそれぞれ違うので注意しましょう。古いタイヤならすぐに断裂してしまう恐れがあるので、柔軟性をチェックすべきです。

タイヤの寿命ってどれくらいなの

走行環境と保管環境によります。一般的には6年ほどだといわれているので、それを超えたときは交換することが推奨されています。2年くらいでもよく走っていれば劣化も早くなってしまいますし、温度が低すぎる地域ではゴムも早く劣化します。

タイヤを通販で買ったときの送料は?

通販で購入するときに気をつけたいのが送料が高くないかどうかです。業者の送料を必ずチェックしましょう。インチ数によって送料は変わってきますが、一番大きな20インチで3000円以下の場合もあります。離島の場合は変化してくるので注意です。

突然タイヤがパンクしたときの対処法

もし釘などが刺さってパンクしてしまった場合、修理店にすぐに持っていきましょう。このとき、釘を抜いてしまうと修理しにくくなるのでそのままお店に持っていくことが大事です。できれば走行せず、レッカーしてもらった方がいいです。

ホイールも通販で購入できるの?

もちろん購入可能です。セットで選ぶと割安になる場合があるので、交換時期には組み換えを検討すると良いです。ホイールはお洒落のためにも使う人が多く、様々な形状や色をしているものも販売されているため、選ぶのも楽しいです。

タイヤの役目を果たさせる

定期的な点検が必要

車は外を走行しますので、タイヤは知らない間に劣化していることが多いです。あまり車を使わない人でもそれは同様なのです。
例えば、太陽に当たるだけでもゴムは劣化します。それが走行しているとなると、より消耗が早くなってしまうのです。
どうやって劣化しているということがわかるのかというと、タイヤの表面に現れているひび割れや傷を確認しましょう。摩耗が激しく、溝がほどんどない状態であれば組み換えが必要です。

安全が保証できない

タイヤをそのまま劣化した状態で放置していると、安全に車を走行させることができません。道で走っていて滑りやすくなってしまいますし、運転していてとても疲れてしまうのです。高速道路を運転するとなると危険度が増します。

交換すべきタイミング

ひび割れや傷は基準が分からないのでチェックしにくい部分でもあります。組み換えのタイミングを知るためには、日頃の点検の仕方も覚えておくようにしましょう。
まず空気圧ですが、車本体に空気圧の理想的基準が記載されていますので、チェックしておきましょう。
次に残溝です。必要以上に減っていると、スリップサインが出るようになっているので覚えておくと良いです。残溝が1.6mmになるとタイヤを横切るようにゴムのラインが出ますので分かりやすいです。

自分で交換は難しい

こういった日々の点検は自分で知っておいた方が良いですし、もしものときのためにもジャッキを使って交換するやり方は知っておくべきです。しかし、しっかり工事したいという場合はプロを頼るようにしましょう。